愛寿園について

ホーム 愛寿園について

愛寿園の理念

の心 の心 む心

創設当初より掲げる「愛和励」のゆるぎない理念を基に運営を行っております。

理事長ご挨拶

愛寿園理事長
理事長 鈴木実

特別養護老人ホーム「愛寿園」は、昭和53年4月に開設いたしました。隣接する有馬高原病院、介護老人保健施設「青い空の郷」との連携により、医療・介護・福祉サービスを担う「ありまこうげんグループ」の3施設が一体となって、利用者の安心、快適な生活の場を提供しております。これもひとえにご利用者ご家族の皆様、地域の皆様、行政機関の皆様の深いご理解と温かいご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

私たちは感謝の気持ちと笑顔を大切に、長尾町を中心とした地域住民をはじめ北神エリアにおける福祉ニーズに積極的に対応し、多くの利用者のご要望に応えていきたいと思っております。また、設立当時に比べて現代の福祉ニーズは多様化かつ多元化しており、常に介護ケアの本質が問われる時代です。これまでの既成概念に捉われることなく、柔軟な対応、施設運営を推進していく事が、これからの社会福祉法人に求められる姿であると認識しております。「すべての優先は利用者さまに」をモットーに、これからも高齢者への介護福祉サービスを通じて人と社会を大切にし、社会貢献を果していきます。
今後とも皆様の一層のご支援ご指導を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

施設長ご挨拶

愛寿園施設長
施設長 中田弥生

日頃より、ご家族さま、関係者さまにおかれましては、ご理解ご支援いただき、心から感謝申し上げます。
令和元年7月より、社会福祉法人愛寿会 特別養護老人ホーム 愛寿園の施設長に就任いたしました中田弥生でございます。職員と共に感謝と笑顔で、入所者様の暮らしに寄り添うことを目指したいと思っております。

現在お部屋は多床室のみですが、生活環境を整えるべく、地域のご協力を経て、新設移転の計画を進めております。
私たちは、「愛の心で感謝と笑顔を 励む心で創意工夫を 和の心で協力一致を」を基本とし、安心して暮らせる施設づくりに取り組んでまいりますので、今後ともあたたかいご支援ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。